_MG_0416_2

金澤月子(かなざわつきこ)

1971年2月19日生まれ 水瓶座
月星座 射手座

動画を御覧ください

 

テレビ関係の専門学校在学中に、

民放テレビ局の番組制作ADとして活動し、

そのまま制作会社のスタッフに。

 

視聴率No.1を競うバラエティ番組を

数多く担当したあと、

生涯の仕事としてドキュメンタリーと出逢う。

 

自らが結婚、出産する過程のなかで、

すべてのひとの人生はドキュメンタリーだと確信し、

ディレクター職に復帰。

番組すべての責任を担う

プロデューサー職を経て、独立。
テレビ番組制作約20年の知識と技術と経験、

映像講師歴15年の実績で考案した

ドキュメンタリー映像制作のノウハウを軸に、

いままでにないプロフィール映像作成を体系化。
個人事業主から中小企業経営者まで

自らの人生を語るべきひとたちの

ドキュメンタリー映像制作を提供する

クリエイターとして活動を続ける

 

【私の動画への想い】

テレビ業界歴18年の中で
朝の生放送、バラエティ番組
旅、温泉グルメの情報番組、歌番組
政府公報番組と
数々の番組を制作してきたなかで
〈アフリカからきた花嫁〉
というドキュメンタリーを
第8弾に渡り、密着5年の歳月をかけて
制作してきました。

 

番組の中で一番視聴者の共感、感動を
得るものがドキュメンタリーだと知り
結婚、出産をへても
自分の担当のロケをこなし
ディレクターを続けました。

それはロケで出演の家族とのつながりを
大切にしたかったんです。

そして、ある家族の
10年ぶりの里帰りに同行しました。

img_0097

電気、ガス、水道のない
南アフリカの上に位置する
ザンビア共和国の小さな村

密着していた彼女は村長の娘でした。

久しぶりの里帰りの彼女の想い
日本に嫁に送り出した両親の想い
それを映像で伝え

視聴者に共感され感動を与えられる
リアルは映画を超え
感動を伝えられるものなんだと実感

視聴率が好評だったので
第8弾までを制作
二度に渡り
アフリカのザンビアを取材しました。

その感動、共感を
動画が個人で発信できる時代に

リアルが伝わる動画を個人で作ってもらいたい
世界観や感動を伝える
誰でも作れる場を作りたい

感動を伝える物語の動画を教えたい
だから私はドキュメンタリーにこだわりたい、それが私の想いです。
誰にでもリアルな物語の中にこそ
感動があります。
そして、そこに共感してもらえるはずです。

共感を得て、ファンを作っていきましょう。

私の動画制作への想いです。

 

現 東京工学院 メディア文学科 映像制作 非常勤講師

img_5583

成城心理文化学院 シニア講師

NPO法人ふうせん 副代表理事

 

  • メールアドレス (必須)
  • お名前 (必須)